2015年9月1日「ストレスチェック制度完全対応サービス」を発表

 

ライフサポートマネジメント研究所が、「ストレスチェック制度完全対応サービス」を発表

ニュースリリース

2015 年 9 月 1 日

我が国は、欧州諸国と比較して年平均労働時間が長く、厚生労働省「労働安全衛生調査(実態調査)」等によると、仕事や職業生活に関することで強い不安、悩み、ストレスを感じている労働者の割合は、平成25年は52.3%と以前より低下したものの、依然として半数を超えており、その内容をみると、「仕事の質・量」(65.3%)が最も多いと報告されています。

そのような中、健康経営の普及・促進を目的として活動する一般社団法人ライフサポートマネジメント研究所(新潟市中央区、代表理事北村愼一)は、いよいよ本年12月に施行される『ストレスチェック制度』に対応する各種サービスを開始します。ストレスチェック制度とは、労働安全衛生法の改正により従業員50名以上の事業所に義務付けられたもので、従業員のストレスチェックを実施したうえ、高ストレス者からの申し出により医師等による面接指導を行い、必要に応じて働き方への配慮や労働環境の改善に取り組むというものです。

これまでも健康セミナーの実施や定期の健康チェック、メンタルケアのための専門家による傾聴など、働く人の心と体の健康サポート等を提供してきたライフサポートマネジメント研究所では、ストレスチェック制度に対応するため医療法人恵生会南浜病院(新潟市北区、病院長後藤雅博)、株式会社セキュリティリサイクル研究所(新潟市北区、代表取締役北村愼一)と提携し、ストレスチェックの実施はもちろんのこと、高ストレス者への面接指導、集団分析結果に基づく職場環境改善への支援、ストレスチェック結果(個人情報)の万全な管理に至るまで、すべてに完全対応します。

 

現在、大手EAPや保険会社などがストレスチェックサービスを展開しておりますが、保険会社は保険(GLTD)加入との抱き合わせであったり、地方企業への導入支援やアフターフォローまでのきめ細かい対応が不足したりすることなども懸念されます。ライフサポートマネジメント研究所は、法対応としてのストレスチェック実施のみではなく、その後の支援に重点を置き、メンタルヘルス対策(セルフケア・ラインケア)、職場の環境改善、カウンセリング・傾聴などの各種支援サービスを通して真の「健康経営」の実現に寄与します。初めての対応で戸惑う中小企業が多い中、新潟県内ではこのようなトータルサポートサービスの提供は当研究所のみであり、多くの企業からセミナーに参加いただくなど、企業における注目度も非常に高まっています。

※GLTD団体長期障害所得補償保険※EAP社員・職員支援プログラム

 

thumbnail of newsrelease_20150901

→ ストレスチェックサービス 詳細はこちら

ストレスチェック総合サービス

ストレスチェック制度に必要なことを、オールインワンでご提供

詳しく見る

メンタルヘルス研修

ストレスチェックの実施が終わったが、その後はどうしたらいいの?

詳しく見る

健康経営をめざして

従業員の意欲と能力が、最大限に発揮される組織づくりのために

詳しく見る
2018-04-20T11:27:29+00:009月 1st, 2015|Blog, News|