ハラスメント対策・相談担当者セミナー

社員相談窓口に求められていること~

全3回をオンラインで実施する、相談窓口の実務担当者向けセミナー第1回が、2021年6月22日に終了いたしましたので、受講後のアンケートとともに紹介します。


本セミナーは、産業カウンセラーの鹿嶋和子が講師を務めており、第3回の傾聴トレーニングでは、同じく産業カウンセラーの今泉亜希が参加者の皆さまのサポートをさせていただき、実践を重視したセミナーとなっております。

第1回では、2022年4月1日よりスタートする、中小企業のハラスメント防止対策の義務化に備えて、『ハラスメントの基礎知識』を改めてお伝えしました。
✦ハラスメントの基本から知ることができ、大変有意義でした。 というお言葉をアンケートでいただきました。

場のパワーハラスメントの定義では、「安全配慮義務と正当業務行為」について事例を通じてわかりやすくお話しさせていただきました。

受講後の感想の一部をご紹介します。

✦難しいパワーハラスメントの判断基準について、分かりやすくて良かった。特に「安全配慮義務」と「正当業務行為」という部分は勉強になった。

安全第一の現場や、危険を伴う業務など、様々な職場環境の中であっても、伝えなければいけない重要なことは必ずあります。そんな時、伝え方や適正な範囲を間違えるとパワーハラスメントになることをご理解いただけたこと、嬉しく思います。


また、受講者の皆さまから、何度も繰り返すハラスメントに対しての対処法であったり、当事者と行為者の食い違いの間にいる相談担当者の悩み、具体的な状況でのハラスメントの線引きなどの質問をいただきました。これについては、次回以降のセミナーで回答していく予定にしております。

第1回では、グループに分かれて自己紹介の時間を設けました。そこでは、「相談担当者になったけど、どうしたらいいかわからず不安です」など、実際に相談担当者をされていての悩みなどが聞こえてきました。社内の相談窓口だからこそ、大変なことも多くご苦労されていると思います。セミナー中で、社内相談窓口、社外相談窓口、それぞれのメリットトなどもお伝えできればと考えております。

6月コースの第2回は、6月29日(火)16:00スタート、テーマは、『相談担当者の心得』です。


そして、好評につき、〖ハラスメント対策・相談担当者セミナー:2021年7月コース〗をご案内いたします。

2021年度 定期開催オンラインセミナー 全3回シリーズ : 7月コース

お申し込み、お問い合わせお待ちしております。

  申し込みフォーム