書き出すことで見えてくる「心が疲れるきっかけ」「心が元気になるきっかけ」

みなさん、こんにちは。
今回は、某企業さまで、全従業員向けに、メンタルヘルス研修をお届けしてまいりました。

こちらの企業さまは、建設業で、新潟のインフラ整備に携わっていらっしゃいます。
また、最近では、天候の影響で自然災害が増えており、新たな安全対策が求められ、その規制も厳しくなっており、
それぞれがリスクマネジメントできるように、個々のスキルアップが求められています。

このような状況の中、個人の認識を新たにし、それを全従業員で共有するために、
労働災害防止大会の一環として、セルフケア研修を実施することになりました。

 

日々変化する社会環境に直面し、業務に追われる中で、自身の健康状態に意識が向きにくい方が多いとのことでしたので、
研修では、ひとりひとりが、自分の心のありようについて考える時間、そして、それを書き出す時間を設定しました。
メンタルヘルスについて考えること、自分自身を振り返ること、そしてそれを書き出すことで、新たな気づきを得ること、
また、それを全従業員で共有することで、メンタルヘルスに対する認識をさらに深めることを目指しました。

       

 

 

 

 

 

受講後のアンケートでは、
「考える機会になった」「見直すことができた」「今後は考えていきたい」「社内で共通認識できた」との声をいただきました。

受講者さまの気づきを促し、今後の実践につながる研修をお届けできるように、
いただいた声を真摯に受け止め、これからも皆さまに喜んでいただける研修を実施してまいりたいと思います。

2018-06-14T13:14:09+00:006月 12th, 2018|Blog|