2020512日(火)新潟日報朝刊にて、当研究所の新しいサービスを紹介していただきました。

新潟県従業員健康支援チームがお届けする!

今こそつながる!『オンライン支援サービス』提供!

一般社団法人ライフサポートマネジメント研究所(新潟市中央区、代表理事 北村 愼一)は、WEB機能を活用してオンラインによる相談・カウンセリング・セミナー・打合せを開始いたします。

新型コロナウィルス感染拡大防止の面から、県内企業でも従来型の訪問の企業活動が困難となり、さらに、各企業でもテレワーク対応が進む中で、当研究所に於いても、時代に即した対応をしながら、なおかつ、お客様との「つながり」を今まで以上に大切にしていきたいと考え、「新しいつながり」「広がるつながり」をお客さまへ提案していきます。

新型コロナウイルスとの戦いは、長期戦とも言われていますので、新潟県および、県内企業にとって、働く人の心の健康は重要であると考え、今できることをスタートしました。


<オンラインミーティング機能を活用した、相談、カウンセリング、社内会議への参加>

社外相談窓口ご利用企業の従業員さま、定期カウンセリング先等のお客さまのニーズに合わせて、産業カウンセラー等がオンラインで対応いたします。

また、従来の打ち合わせやストレスチェック実施報告手段として、オンラインミーティングの選択肢を増やし、経営者会議や衛生委員会会議の一部分にオンラインで参加させていただき、ストレスチェック結果の詳細をご報告することも可能になります。課題によっては、必要とする各分野の専門スタッフがオンラインでつながり支援いたします。

 

<オンライン研修機能を活用した双方コミュニケーション型セルフケア研修の提供>

突然テレワークに移行した従業員、社会人になってすぐ訪れた新型コロナウイルスによる非常事態、企業にとっても初めての体験であり、対応に正解の見えない状況です。しかし、柔軟に様々な対応を検討し、できる限り通常業務を遂行されているようにみえます。

見えない精神的負担、業務面での負荷の他、人事労務担当者、管理監督者には、仕事上でも孤独を抱えやすいと考えられます。定期的なミーティングの場では、個々の心の状態を表現し合うチャンスはないかも知れません。

心の健康とモチベーションを維持していくためには、気持ちを率直に話し合ったり、共感できる「つながり」の場が重要となります。そこで、WEB機能を活用した、双方コミュニケーション型セルフケア研修を提供いたします。

新型コロナウィルス疲れや不安に関する心の健康の守り方を題材に、今の心境やお互いの生活をチャットや挙手機能を活用して共有し、共感し合うことで、「つながり」を実感できるよう構成した、オンラインの特徴を活かした新しいセルフケア研修です。

テレワークをされている従業員の皆さまも、マイク・カメラ機能付パソコン、スマートフォン等のご用意があれば、受講いただけます。


更に、新しいつながりのオンライン研修は、2020年6月に施工される「パワハラ防止措置義務化」に向けても、とても有効なハラスメント研修が行えると自負しております。

チャットによる自由な書き込み、講師に向けての個別の質問、相談機能の活用、参加者同士の多面的な意見交換、情報共有の場づくり等、研修でできることが広がり、より日々の行動変容に活かせる研修を提供できるよう、当研究所としての役割を追求しております。

んな時だからこそ、従業員ひとりひとりのこころとからだの健康を大切にし、

組織の免疫力を高めていただきたいと考えます。

そして、ライフサポートマネジメント研究所は全力でサポートさせていただきます。


新しいサービスへのご質問・ご相談など、
どうぞお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。