従業員の心と体の健康づくりのために企業ができることは?

あなたの企業では、従業員の心と体の健康づくりのために、どんなことをしていますか?
例えば、従業員の心と体の不調を予防するために、従業員が相談できる体制を整えておくことも、その一つです。

 

当研究所では、「こころの窓口なごみ」という相談窓口サービスをご提供しています。
ご相談には、産業カウンセラー等の資格を有する専門家が応対し、
電話・メールでのやり取りのほか、ご要望に応じ、対面でのカウンセリングも承っています。
今回は、従業員への継続的サポートとして、カウンセリングサービスを導入されたケースについてご紹介します。

 



 

今月から、某企業さまで、訪問カウンセリングサービスをご利用いただくことになりました。
こちらの企業さまでは、毎月決められた日に、当研究所のカウンセラーが訪問し、カウンセリングをさせていただきます。

 

担当者さまからは
「従業員の業務分担に偏りが見られるので、負荷が大きい従業員については、その上司から促してもらい、
従業員の心と体の不調の予防に向けて、組織として、迅速に対応できるようにしたい」
「場合によっては、本人だけでなく、その上司にもアドバイスしてもらい、フォロー体制を強化したい」
「直接対面で、話を聴いてほしい」
等のお話をうかがいました。

 

毎月の訪問カウンセリングをきっかけに、今後も従業員への継続的なサポートに力を入れていきたいとお考えで、
利用頻度や緊急度に応じ、訪問回数を増やしていくことも検討されています。

 


 

企業が、従業員の心と体の健康づくりのために、相談できる体制を整えても、
いきなり「相談」「カウンセリング」といわれて、戸惑われる従業員もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな時は、「相談」「カウンセリング」という枠にとらわれず、
例えば管理監督者など対象者を限定して職場環境についての聴き取りの機会としたり、
話しやすいようにテーマを決めたり、逆に何も決めずとにかくいろいろ吐き出す場にしたり、
それぞれの企業さまの状況に合わせて、使い方を“アレンジ”していただくのも一つです。

 

いずれにしても、“体制を整えて終わり”ではなく、事前の周知や利用の声掛け、定期的な報告など、
従業員が「安心して利用できる」「利用したい」と思える、企業からの働きかけが欠かせません。
そのためには、企業と従業員の信頼関係の構築も必要でしょう。

 

あなたの企業では、従業員の心と体の健康づくりのために、従業員が相談できる体制を整えていますか?
従業員の心と体の健康づくりのために、相談窓口サービス「こころの窓口なごみ」をぜひご検討ください。

 

担当者さまからのお問い合わせ、お待ちしております。

 

 

 

 

※写真はイメージです。

2018-07-04T10:50:48+00:006月 29th, 2018|Blog|